医師不足に対する件の取り組みを追う①

深刻な医師不足に悩む茨城県では、医師を確保するために様々な取り組みがされています。

茨城県内における医師確保のための政策

今回は、茨城県内において、医師確保のために一体どのような政策などが立てられているのか、その取り組みの概要についてご紹介をしてまいりたいと思います。

前述の通り、茨城県では全国と比較してみてみると保健医療従事者が全体的に少なく、医師確保は非常に重要な課題として挙げられています。

そこで、行政や研究機関、医療機関等が官民一体となり、様々な研修プログラム、環境面における改善策などを講じ、医師が県内に定着するような取り組みを進めております。


医師を確保するための総合窓口の開設

医師を確保するための総合窓口として開設され、県の内外の医学生、医師などに対して情報提供を行っている医師確保支援センターの運営や、国のガイドラインに基づく指導医養成講習会の開催、女性医師就業サポート事業相談窓口、救急ライセンス研修、茨城県医師修学資金貸与制度など、取り組みに関する幅はとても広く、実に様々な対策がとられているというのが現状です。

しかしながら、それでもまだ県内の医師不足がなかなか解消されず、非常に難しい局面を迎えているようにも思います。

それでは、次の記事にてその他に行われている対策のご紹介をもう少し進めてみたいと思います。